10 
提供:遊楽トラベル
世界文化遺産・平遥古城と山西省の省都・太原(2泊3日)
北宋時代の秀逸な塑像や聖母殿、2700年の歴史を誇る世界遺産平遥古城を巡る
行き先:その他 設定期間:2013年04月01日~2014年03月31日
日数:3日 値段:大人:5,200元~/お一人さま 元(RMB)
宿泊地:その他,太原 出発地:上海

■このツアーの見所

山西省の省都太原では、太原旧城内の晋祠を訪問。北宋時代の秀逸な塑像や聖母殿などを鑑賞する。王家博物館は静升王家一族の豪邸で838の家屋と54の庭が連なる山西商人の豪邸。彼等は近代的な銀行組織を発展させ、明・清を通じ中国の金融を支配した。その邸宅は、一大城塞とも見まごう程の大きさを誇る。

世界遺産平遥古城は2,700年の歴史を誇る。明時代の城壁に囲まれ、100年以上前の町並みを残す博物館のような城砦都市を輪タクで巡り、雷履泰が開いた中国初の銀行「日昇昌」、票号博物館などを訪れる。

なお、ご希望の方には、明清時代に始めて銀行制度を発達させ中国全土の金融を支配した山西商人の知られざる歴史を述べた関連資料「驚きの平遥古城」をご参照下さい。


1日目:平遥洪善駅客桟(五星)
2日目:山西大飯店(四星)
5,200元~/お一人、1人部屋追加:660元 
子供Extra Bed利用:2,900元~、添い寝:2,700元~、
航空諸税:大人360元、子供120元

【最小催行人員】2名以上催行
旅行条件:
1.航空便:エコノミークラス利用、航空諸税別途掛かります。
2.ホテル:日程表記載或いは同級ホテルで2名1室利用。
3.食事:1日目昼食から3日目昼食までを込みます。
4.車輌:専用車(中国製ライトバン)
5.ガイド:現地日本語ガイド付きます。
6.入場料:日程表記載の訪問箇所の入場料金を含む。お子様が身長により入場料が変わるので、現地払いになります。
7.添い寝お子様朝食が含まれておりません。

■希望期間 から
人数 大人 子供 (2歳~12歳児)
  幼児  
■部屋数    
 
この条件で探す
掲載開始日:2013年04月23日
【マークの見方】
上海発
北京発
広州発
大連発
青島発
杭州発
厦門発
その他発

参加旅行会社情報